ガイド
app
WECHAT TOP
スポット紹介
スポットリスト あなたの現在の位置は:ホームページ > スポット紹介 > スポットリスト > 本文

海判南天石

出所:当サイト発布する:2017-01-20 15:01:52

158 0

「海で南天石」時は天地の果てに遊覧区最古のひとつの懸崖の彫刻。最古の地はここには宋元の時代で、当時としては広東省管轄の欽州「天涯亭」と廉州合浦の“岬亭」と、その時古人中国の南海と中国の南天に対応して、この南天っていう、太陽の行区、あるいはから南は北回帰線。清朝の康熙帝に孔子儒経《尚書」を再規定、南天の限界を発見、考証しますによると、「海を题刻南天」は清朝の康熙年間中国歴史上初めての全国地図(「皇輿全览図〉)測量活動の中で殘す測定緯度の標誌。康熙五十三年間(すなわち1714年)、康煕皇帝清朝大臣を受け、天下り苗綽爾代やフランスルイ14世の皇帝の使者イエズス会士汤尚贤、3位はそれを切り開いて測量勅使司会石刻書いて「海で4つの大きな字南天。「海」とは中国の南シナ海では、「判」は分の意味で、「海判南天」は南シナ海を分けて南シナ海や南天の意味で、みんなに知っている中国と呼ばれる中国で、「海判南天」の意味はちょうど中国の版図の天地の境界線を赤、南県北は神州。

104.jpg


1053.jpg