ガイド
app
WECHAT TOP
スポット紹介
スポットリスト あなたの現在の位置は:ホームページ > スポット紹介 > スポットリスト > 本文

「海うか南天」300年の彫塑壁

出所:当サイト発布する:2017-01-20 15:01:50

57 0

「海で南天」300年の彫刻の壁は、2014年にじゅういち月に開幕、記念「海判南天」300年の活動も2014年中仏修好ごじゅう週年祝賀活動の一部。私達の右手(海を指し「海判南天」石刻)の「海判南天」石刻は康熙五十三年、2014年までの300年前、纪元1714年、清派钦天监五感が苗寿、理藩院綽爾代とフランス科学者まで汤尚贤崖州観測点を立海判南天」の石刻は、康熙天文大地測量の重要な遺跡、18世紀の科学技術の交流の歴史の目撃証言中学法。清康熙四十七年から百年、1708 1718年まで、行った天文大地測量、中国ひいては世界史上前例のない壮挙地図測量。三角測量を採用し、天文測定法、康煕皇帝派遣フランス科学者白晋、雷孝思、杜德美、汤尚贤、徳瑪ノ、冯秉正と山遥瞻、オーストリア人费隐やポルトガル麦大成などと中国の官僚の共同測量、康熙百年完成清「皇輿全览図』の制作。

私たちは左手に見た記念壁から浮き彫り図案じゅうななじゅうしち世紀はちじゅう年代末フランスボーヴェ工場創作の『中国皇帝史』シリーズ博多織タペストリー中の絵を描いて、康熙帝と研討天文測定の情景フランス科学者。


103.jpg


1021.jpg


1022.jpg