ガイド
app
WECHAT TOP
スポット紹介
スポットリスト あなたの現在の位置は:ホームページ > スポット紹介 > スポットリスト > 本文

南天一柱石

出所:当サイト発布する:2017-01-20 15:01:02

51 0

高くそびえる円錐形の奇石、高さ約ななしちメートル、横1隻のように見え古船上昇からの「双桅帆」。正面で、まるで1本柱に神はこの根性、天下に任せ、波に洗われて、高くそびえ立って倒れず私たちみんな見て「南天柱」を擎天石寄りかかって海を、独立南天の勢い。史書の記録:清代宣統帝年間、つまり西暦1911年、崖州知州範はしごを何度もよく察し民情を往復してここを見て、このような大きな石、あたり、心に誓った「一日と、生涯を民」の誓い。1909年、範はしご転任崖州直隷州知州、伝えられる年春節、彼は州城司が張られて自分で文章を書くの副春聯:一日位で、日心尽くし、自己無私厳執法、大胆に視機関を伝舎;少し情させ、何分か、みんなは用事があって良い商量莫、訴訟になるまで公門。「天涯観光地区の文化苑」である1枚の半対聯のうち、完全の副:「そう锦绣江山天南極地とそのこそ、将来を見文明気象が海上賀州。」から書き期間は「宣統二年秋月”、落款は「权崖州直隷州こと永安範はしご」。「対聯のフォントと「南天柱」のスタイルのように、特に「南天」や「天南」の筆跡と同じ!」時価末皇帝即位、清朝退廃、受けて帝国の侵略。その緊急の際、範はしご営み海南島には、期待と海南島になる祖国山河の1本の擎天玉柱ので、题刻「南天柱」は岩の上に、を切に施政万事順調で、吹く風枝を鳴らさず、飽食暖衣の意。南天の1柱の間に立つ石磊独立し、南シナ海の浜、雄壮観で、この優しさの海を少し強さ。「南天の一柱」の懸崖の彫刻が生まれたことに由来して今自分が百年以上の歴史。郭沫若遊覧して後に書いて「南天の1柱を立て、付き合い共旋回」の詩句を、心に感慨を表現する。

南天一柱について、美しい伝説がある。その昔、陵水黎安沖あたり荒波大騒ぎ、人民の生活が苦しい。西王母子分の二人の天女が知っている後にそっと身を立て、南シナ海で、現地での漁家漁と航。西王母怒って派雷神雷母を彼女ら帰って、二人して、化を双峰石、力を二つに割れ、知能が落ちて黎安近くの海で、飛んで寸断天涯の横になって、今日の「南天の1柱」。

1051.jpg


1052.jpg


105.jpg