ガイド
app
WECHAT TOP
スポット紹介
スポットリスト あなたの現在の位置は:ホームページ > スポット紹介 > スポットリスト > 本文

日月石

出所:当サイト発布する:2017-01-22 17:01:45

61 0

海面に2つの交差に立った巨石を刻んで、それぞれ「日」、「月」の二字は有名な日月石。それは元『人民日報』編集長の范敬宜に書いた。二つの石は「心」型、依存して寄り添う。この二つの石をめぐって、美しくて感動的なラブストーリーがたくさんあるから、「恋の石」ともいう」。1986年版のドラマ『西遊記』では、孫悟空のすきまから石を生まれたシーンは、そのロケ撮影をした。と同時に、日月神石も愛情、友情、親心は日月日月の永遠の証。

なお、「日月石」も鴛鴦石という。「鴛鴦石」について、すばらしい伝説の物語が流れている。物語は昔状元帽山を舞台に、リー族男性靑年ケースを助けた位に漢族の女靑年アッベ、2人が生まれた愛情。しかし、その時漢人は差別黎人、ケースの仲人にアッベ家のない、だけでなく、かえって1回めった打ちされてアッベ。そこで二人は毎日夜1基に橋で会うことがある。しかし槿花一日の栄アッベの父、人を連れて焼いたあの橋、ケースとアッベが川越してしかない。彼らの真摯な愛情は天上の仙女に感動しました。天女でください千草仙人トウ架け橋、そこで彼らは再び合流した。二人は感謝の天の仙女と千草仙人、希望にオシドリ鳥さえすれば、お揃いに一緒に離れない。すると、アッベの父親を持ってる人が追ってきたので、ケースとアッベ形勢が危ういと一口に出づるが如し「は同生と死、しかし。」そう言いながら、川に飛び込んだ。翌日、川が現れた二匹のお見合いの鴛鴦人々を愛してる、これというケースとアッベ。これは愛の鴛鴦川から海へ泳いでから、また海へ泳いで多くの子孫繁栄、川、オシドリの始祖鳥。六百六十年後、彼らは天地の果てに遊びに行きます時、空から来て出会った人間の観世音、請求彼らを石になる。

1201.jpg


120.jpg