ガイド
app
WECHAT TOP
スポット紹介
スポットリスト あなたの現在の位置は:ホームページ > スポット紹介 > スポットリスト > 本文

天涯石

出所:当サイト発布する:2017-01-22 17:01:22

53 1

“天涯石”は観光地のシンボルとシンボルです。高さ8メートル、週囲約66メートル、山や海の「天涯石」円中角、側では円「に東方」「無難の」、独占灣の一角で、すでに億万年の歴史は、まさに「盤石」。雍正五年、崖の州知州程哲一挙一動、海天天地を眺めて、心の中にあって、ひとつの大きい石に刻まれた「天涯」の二文字は。程哲を江南歙(をè)県人、雍正二年から5年守任に崖州。彼は崖州官、徽州の名人で、清朝の有名な本時家。古陶磁器は経典《窯元器の言うことを鑑賞することを鑑賞することを鑑賞して。程哲について。歙县程哲の七略本堂世継ぎがさんじゅう時本余り種660余巻。特にさん度、その師王士祯精刊の『帯経堂全集』、セイコー絶倫、印刷史上の手本。「天涯」は「石正下に刻まれて”の4つの隷書体大字。とは清末文人が問題だが、题刻者と题刻時間待た考証。